72-blue

曲書いて、ゲームして、バイク乗って。

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130129

バークリーメソッド勉強し始めたんですが途中でいきなり難しくなって吹いたAadd9です。

【Computer Music誌】
日本のDTM(Computer Music)系の雑誌というと、
DTM MAGAZINESOUND & RECORDINGなどがありますが、
正直読む記事がないのでここ数年は買ってません。

そんなワケで海外のComputer Musicを買ってみました。
もちろん英語です。
日本だとzinio-Computer Musicで1号433円で買えます(2013/1/29時点)

z61ug.jpg

115ページで内容もしっかりしてそうです。
Loopだったり解説動画もあるようです。
これで433円はなかなかにお買い得(定期購読あるいはまとめ買いだともっと安いっぽい)

ざっと見たところ日本の雑誌だとまず見ないVSTやLoopのストアが目に入ってくるのはなかなか新鮮でした。
日本の雑誌だと代理店通してる製品を扱うことが多いからか、
扱う機材がどの雑誌、どの号よんでも毎回同じで面白くなかったのでこれは嬉しい。

上の写真だとNexus7つまるところAndroidで読んでますが、iOSはもちろんPCでも読めるので、
気になる方は気軽にポチってみると良いかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル:音楽

20130128

美声時計2買ったんですがなかなか良いですAadd9です。
ちょっとお高い気もしますが、タブレット持ってるなら「850円で素敵な置時計が買える」くらいの感覚で買うと良いかも。
実際そんな感じで使ってます。

2u2nwm.jpg

【オーディオインターフェイスの買い替え検討】
今使ってるLine6のToneport UX1もすでに5年以上使ってるので買い替えの検討。
せっかくなので、ちゃんと使えるモノをということでさすがに1万、2万円台のモノは自重。

Focusrite - Saffire Pro 40にしようと思ったところFocusriteから新製品の情報が。

Focusrite - Scarlett 18i20

明らかにSaffie Pro 40の後継機ですね。
つい最近発表されたみたいです。
まだ発売されてないので、ユーザーからの情報が存在せず結構判断に困ります。
実際"Saffire Pro 40 VS Scarlett 18i20"とかググってもそれっぽい情報は得られません。

そんなワケでこの2つで改めて検討。
Scarlett 18i20の価格は600ドルくらいとのことですが、
Saffire Pro 40は4万円ちょっとで買えちゃいます。
Scarlett 18i20発売直後に購入ってのもアリかとは思うんですが
「買ったけど何これ安定しねー!サポートはよ!!」
なんて展開になるのも怖いので様子を見たいところですね。

20130107

あけましておめでとうございますAadd9です。
今年は学生的な意味で修羅場になる年になると思いますが頑張ります。

【真・女神転生とかFINAL FANTASY】
Nexus7の2000円分クーポンを真・女神転生で1200円使い、
残りの800円でFFの1を購入してみました。
いまだにFF1はやったことなかったのと張ってある動画のミンゴスを見て「あーそういえば」という感じで。

7zpkf.jpg

awovi.jpg



真・女神転生の方はNexus7購入直後に買って、六本木あたりで放置。
GBA版をベースにしつつもPS版のサウンドを使っているという不思議な仕様。
GBAよりもPSのほうが音が良いのでAndroid移植の際はそっちを採用って感じでしょうか。
ベースはGBAなのでサウンドはPSでありながらもビジョナリーモードを楽しめるという素敵仕様。
個人的には結構ニヤっとしました。

FF1は今日購入して、グルグ火山クリアしたところ。
ベースはPSP版のようですが、PSP版での追加要素は採用されなかったようです。
「おー現代的だなぁ」と思ったのがセーブ機能。
「どこでもセーブ可能」というのは現代のゲームに多くあると思いますし、
戦闘中にゲームを終了したらセーブした所から開始になりますが、
それとは違い「セーブしてなくてもゲーム終了した時点から開始できる」というセーブスタイルもあるようです。
実際にゲームを終了してみたところ終了した場所に主人公はいましたし、
戦闘中にゲームを終了してみると、モンスターとのエンカウント1歩手前の場所から開始になってました。
Android版のFF1は巷でも言われているように操作性がちょっと良いとは言えず、
プレイ中にAndroidのホーム画面に戻るなんていうことがありえるので、
このシステムはプレイヤーにやさしいかなと(PSP版から採用されてるのかもしれんけど)
突然アプリが落ちるなんて場合も対応してくれるのかしら。

そんなワケでNexus7の2000円クーポンは据え置きハードから移植されたゲームになりました。
真・女神転生、FINAL FANTASYどちらもプレイしてみて感じたのは、
意外にNexus7でのプレイはちょっとキツいということ。
スペック的には問題ないのですが、手のサイズ的に両手で持ってプレイするのがキツイです。
真・女神転生なんかは常に手に持って固定してプレイできるんですが、
FFの場合方向キー、選択キー(いわゆるAボタン)に加えてタッチもあるので手を固定してプレイできません。
もともとどちらもスマホ向けに作られたアプリだと思われるので仕方ないのですがちょっと残念。

Nexus7等のタブレットに限らずスマホにも言えると思うのですが、
もっとスマホやタブレットらしい操作でプレイしてみたいなぁというのが正直なところ。
DSのゲームとか移植されてほしいと思ったり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。