72-blue

曲書いて、ゲームして、バイク乗って。

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110714

ブクログはじめましたAadd9です。
ということで本読むよ本。
http://booklog.jp/users/aadd9

【映画見たりとか】
「ゲームよりも映画とかアニメの方が自分に合うなー」と思い最近は映画見てます。
ドラマなんかも古いですがIWGPとか見たり。

ということで今回借りて見た映画。

346023240.jpg

・Laundry
・GO
・凶気の桜

の3つをレンタル。
ついでにGO、凶気の桜のサントラも。
全部窪塚洋介主演作品(好きなんですよ)

簡単に凶気の桜のみ感想を(他も面白かったけど一番ピンときたから)
若干ネタバレがありますが物語の核心部分は書いていないので
読んでも予習くらいにしかならないと思います。

凶気の桜

「日本らしくない現代の日本」を暴力により統制していこうとするお話。
ネオナチをモデルにしているようなのですが、残念ながらその手の知識がないのでそこには触れません。
(あったほうが良い知識なんでしょうが無くても見られます)

「やっぱり大人の社会に若い人間は飲まれてしまうんだろうか」というのを考えさせる映画。
現在20歳の私ですが最近一番考えているのがこの辺のこと。
詳しくは書きませんが若い世代でこの手のワードにピンと来る方は見ておいて損はないかななんて。

若い世代の方はおそらくこの映画を見終わったあと「悔しい」と感じるはず。

「学生のうちに読んでおきたい本」なんてありますが、
「若いうちに何をすべきか。ひとつの事象に対してどう感じるか。」なんていうのを自然と考えさせる映画。

本当に「今」見ておいて良かったなーと感じました。

【そういえば】
ブクログというか最近本読み始めたのも
「若いうちに何をすべきか。ひとつの事象に対してどう感じるか。」というのを考える、実行するため。

「若いんだから今のうちに失敗しておけ」なんて父親なんかは言いますが、
普通に高校出て浪人して大学行ってもそうそう失敗する機会なんてないのかもなんて思ったり。
(もちろん留年はひとつの失敗でしょうが)

そんなワケで本やら映画。
若いうちに若い発想をしないといざオッサンになったときに自分の頭はただのオッサンになってしまうので。

comment

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。