72-blue

曲書いて、ゲームして、バイク乗って。

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110905

風邪気味ですAadd9です。
普通に動けるんですがどうも「風邪だ」という意識が前に出てしまいダラけてしまうようです。

【1.Synth1】
言わずと知れた国産最強フリーVSTのSynth1ですが改めて
「やっぱすげーよこのシンセ」とか思ったワケです。

ということでSynth1を使ったデモ
アルペジオと真ん中で鳴ってる地味なベースがSynth1の音。



所謂Super Sawなアルペジオが欲しくて
「Nexus2もSylenth1も手元に無いしSynth1のTrance系のSoundbankあさるか」と
ネットちょろっと探したらあったので鳴らしてみたらすげー良い音するという。
EQでハイ持ち上げてますがそれっぽくなったかなと。

Vanguardはアタック強めのPluck系の音が超得意なんですが、
それ以外の音はちょっと作りづらかったりそもそも良い音しなかったりするので、
そこを補完するという意味ではSynth1はなかなか良いです。
正直ここまで鳴ってくれちゃうんだったらSylenth1買わないで良いかなーとも。

【2.Cubaseの移調】
C/Amの所謂白鍵のみの曲は作るのがラクなので良く作るんですが、
Amの響きがどうも好きになれないのでCubaseでAmのフレーズを打ってそのまま移調。
予想はしていたんですがコード進行はそのまま移調されないらしく、
AmでIV-V-VIという進行をさせていてもF#mではVI-VII-Iの進行になるようです。
つまるところ「移調させる際に移調時に近い音に音が移る」くらいの機能しか望めないようで、
進行が最初から頭に入ってる状態で曲を作る場合は
結局そのキーの進行で打たなきゃダメなようです。

【3.ボカロ】
アンチボカロに見られがちなAadd9さんですが別にそんなことはなくて、
実際メルトとかは普通に曲として好きです。
ボカロの非人間的な音が合っていないのが好きになれないので、
非人間的な音が合う音楽の場合だとちょいちょい好きなのあります。
そういう理由でバンドミュージックでボカロとかは大概好きになれないです。

ということで今日知ったボカロ曲。



俺妹のイラストレーターかんざきひろことHiroyuki Odaですね。
たまたまTwitterでこの曲紹介してもらったんで。

メロディ歌ってるところよりもBuild Downとかで鳴ってるFXっぽい感じの音なんかは
一番美味しいボカロの使い方なのかなーと思ったり。
あとミクの声質的にOceanlab的な音も正解かもなーとも
この曲のミクのリバーブ、ディレイ音を聴いて思ったり。

ミク手元にあるんでいつか何かやりたいなーと思うも
今やってる音楽でいっぱいいっぱいなのが現状なのでまた先になりそうです。

comment

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。