72-blue

曲書いて、ゲームして、バイク乗って。

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130425

好きなBluemanはAndy Bluemanです。
お久しぶりですAadd9です。

【普通二輪教習日誌1日目】
そんなワケでバイクの免許です。
車の免許は持ってないので学科も受けるワケですがそっちはつまらないと思うので技能の方を日記にしてみます。
ちなみに「教習」の字が「強襲」に誤変換されましたがよくある話です。

■1、2時限目
1,2時限目ともに内容はほぼ同じだったのでまとめて。

初バイクです。
その上エンジンが載った乗り物が始めてです。

最初は「はいこれウィンカーでこれセルね。んでシフトはこれで...」とテキトーに説明を受けて、
「それじゃバイク倒すから起こして」と、いわゆる二輪教習名物「引き起こし」であります。
私が通っている教習所ではやりましたが最近の教習所だとやらないなんて話も聞きます。
実際サクっと起こせたので問題なかったんですが、バイクってやっぱり重いんですね。
触ったことなかったのでイメージ出来なかったんですが、思った以上に重くて吹きました。

この後はひたすらコースを左回りで周回するのみです。
まずは発進なワケですが意外に手こずりました。
クラッチ切って1速に入れて2000〜3000回転を維持し、半クラッチから徐々につないで前へ...
というのが発進の流れなワケですが、2000〜3000回転の維持が難しくて未だに時間が掛かります。
2000〜3000回転を維持できたら半クラッチから徐々につなぐのですが、この「徐々に」というのが最初できなくて、
自転車の後輪ブレーキ(つまり左手のブレーキ)を離す感覚でパッと離してエンストなんて展開が5回以上ありました。

発進できて「わーいバイクだー楽しいうっひょー!」とかテンション上げながらコース回って最初の地点に戻るワケですが、
停車する際に数回エンストしました。
クラッチの切り忘れ(ニュートラルの入れ忘れ)ですね。
2時限目に若干の坂道からの発進がありましたがなんとかなりました。
案の定エンストしましたけど。

走ってる間はフラフラしたりせずコケずに走れたのですが、やはりクラッチ操作が慣れないようで、
クラッチ切らずにシフトアップしたり、シフトチェンジの際にクラッチをスムーズに繋げず車体が上下に暴れたりと、
機械的な操作に結構手こずりました。

1時限目が終わる頃にはヘタクソながらも発進、停止ができるようになり、
2時限目が終わる頃には発進も停止もある程度出来るようになったので一安心。

ちなみにコケたのは1回で理由は「立ちゴケ」でした。
スタンドの位置がイマイチわからなくて下見てたら「あー傾くーダメだー」って感じでガシャーン。
倒れる前にバイク投げて立ったままコケられたので一番安全なコケ方でしょう(多分)

個人的には「教習なんて余裕だろwwwサクサク終わらせてやるわwww」とか思ってたのですが、
思った以上に上手くいかなくて「いやー意外に難しいッスねー!!」なんて言ってたら、
「無免許で乗ってなかったのに走っててコケなかったんだから問題ねーよ」と言われたので問題ないらしいです。

とはいえ思った以上に出来が悪かったので悔しいばかり。
恐らく出来が悪かったのは教習車がHONDAのCB400SFだったからでしょう。
SUZUKIのバイクだったらこんな事にはならなかったはず(鈴菌)

次はひたすら左回りだそうです。

20130307

Aチャンネル4巻がなかなかに良かったAadd9です。

【ばくおん!!】
大学をやめることになり、身分証明書が必要になったので免許を取ることに。
免許を取るとはいえ車は免許取るのも高いし、車買ってからの維持もキツいので却下。
中途半端に車も好きなだけあって、安くてボロい車乗って乗りつぶすっていうのはどうもやりたくないみたいです。
スタンドで働いてても車乗ってる奥様方に良い印象はないですし。

そんなワケで先月くらいからバイクの免許を取ることを決意。
音楽やってなかったら高校のうちに取ろうと思っていたくらいなので、今更な気もしますが良い機会ということで。
中学生当時は湘南爆走族やバリバリ伝説等を読んでいたので新車よりもいわゆる旧車が好みなのですが、
当時から好きだったのがスズキのカタナでして、今では毎日カタナでググってはヨダレをたらす日々であります。

そんな感じで2chか何かで見つけたばくおん!!というバイクマンガを買ってみました。

9pttm.jpg

連載が発表された当時に絵見たことはあったんですが、
「なんだよCB400SFかよー絶対好みじゃねー」とか思ってたんですが、
「巨乳で金髪ツインテのJKが400のカタナを乗り回す」という事を知り即購入。
読んでみたら大アタリな作品でした。

某バンドマンガの用にバンドやらないなんていう展開はあんまりなくて結構バイク乗ってます。
所謂バイクがフィーチャーされるマンガはスピードだったりを求めるストーリーが多かったと思うのですが、
ばくおん!!は女子高生なだけあって「ツーリングいこうぜ!!」という感じ。
「今から悪いことしようぜ!!」といって深夜にバイクでラーメン屋に向かうなんていう展開もなかなかニヤっとします。
ツーリングの際にインカムつけて会話しながらというのも現代的でなかなか。

これから免許取る私みたいな人間でも「あーバイク乗りてーなー」とかヨダレたらしながら読むには最高です。
長いことバイク乗ってる人のツボもおさえてるみたいなコメントもネットで見ました。

ということで明日もばくおん!!を読みつつ250のカタナを検索かけてヨダレをたらします。

20130222

結局8DIOのEpic Dhol Ensemble買いましたAadd9です。
今月のお買い物が10万円を突破しましたが私は今日も元気です。

【BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT EXTEND】
ちょっと前にぶるらじ見始めたらやりたくなってしまったので買いました。
国内版よりも北米版のほうが安かったのでそっちを。

w4ypkm.jpg

格ゲーはおそらく10年以上ぶりじゃないかと。
というか自腹で買ったのはおそらく初。
最後にやったのは弟が買ったPSのシャーマンキングな覚えがありますが、格ゲーとはちょっと違うかも?



「『小足見てから昇竜余裕でした』とかアイツら人間やめすぎだろ...格ゲーマーすげえな...」とか思っていたので、
ちょっとプレイしたら即投げるかなぁとか思っていたのですが、なんだかんだでハマっているようです。

格ゲーは全然やってこなかったのでとりあえずちゃんとガードできるようになったりとかそんなレベルからですが、
徐々に上手くなっていくのを実感できるのは良いなぁと。
コンボも練習して1,2個使えるようになったりとか、
感覚はグランツーリスモシリーズでドリフト練習してる感覚と遠くないような。

格闘ゲームなだけあって、対戦中の感覚は空手のスパーリング時に考えることとまるっきり同じです。
負ける理由を考えるのは実に面白いですね。
モロに実力不足な場合はそんなこと考えずに「練習してくるッス!!オッスオッス!!」って感じですが。

今は普通にパッドでプレイしていますが、このまま飽きずにプレイしていくのであれば、アケコンも買うのかなぁとか。
同時押しとか斜め入力とかパッドだと面倒な気がするんで。
とはいえ強い人は普通にパッドでも強いんでしょうね...



そんなワケで頑張ってプレイしてます。
知り合いの人はぜひ対戦しましょう。


20130215

オーディオインターフェイス買い換えましたAadd9です。
結局FocusriteのSaffire Pro 40です。

P20800041.jpg

【KOMPLETE8買った】
KONTAKT5とGuitar Rig 5が欲しかったので買いました。
KONTAKT5は8dio製品を買う予定があるので。
Guitar Rig 5はIF新調して今までのLINE6のGearBoxがアンシミュとして機能しなくなってしまったので。

t0oiez.jpg

そんなワケでザックリとデモを。

Demo01

Demo02

Demo01のほうはアコギ、ソロヴァイオリン、ドラム、ピアノ、ベースですべてKOMPLETE8に入ってるものを。
ディストーションギターはDemo01、02ともに実際に弾いてます。

アコギ音源がなかなかに面白くてDAW上でコード打ちこんでやれば、いろんなパターンで弾いてくれます。
今回のデモも実際にチマチマ打ち込んだワケではなく、全音符でコード打ち込んだだけです。
シンセのアルペジエーターのイメージが近いかもしれません。
ちょっとコードチェンジに違和感があったり、パターンが物足りなかったりする感は否めませんが、
今回のように色々混ぜて使うならば結構アリかなぁと。
(たぶんこの辺はちゃんと打ち込めばそれっぽくなると予想)

オケ音源もなかなかに使えそうです。
少なくともストリングスに関しては良い意味で「妥協して使える音」という印象。
派手さに関してはGPO4とOrchestral Essentialsの間に位置する感じかなと。
操作もキースイッチでアーティキュレーション変更できるんで、Orchestral Essentialsみたいに、
アーティキュレーションごとにトラック用意する必要もないです。

いわゆる総合音源といった感じの音源なので全体的に「まぁこれだけ出来れば良いよね」という印象。
今回はデモなのでドラムはKONTAKT5のモノを使いましたが、普段ならBFD2を使うと思います。
アフリカンなパーカッションなんかも入ってますが、特に困らない限りSD2に頼るかなぁと。
ただ「まぁこれだけ出来れば良いよね」という音源って意外に買うタイミングがないので、
これはこれで良い買い物したかなと思います。

KONTAKT5に関してなんですがPlayerじゃなくてもマルチアウトのステレオ5chは変わらないっぽいです。
ルーティングの設定も面倒ですし、この辺改善して欲しいと思う今日この頃。

pymyg.jpg

そんなワケで結構音源が充実してきました。
後はドール音源とブラス音源を買い足す予定です。


20130129

バークリーメソッド勉強し始めたんですが途中でいきなり難しくなって吹いたAadd9です。

【Computer Music誌】
日本のDTM(Computer Music)系の雑誌というと、
DTM MAGAZINESOUND & RECORDINGなどがありますが、
正直読む記事がないのでここ数年は買ってません。

そんなワケで海外のComputer Musicを買ってみました。
もちろん英語です。
日本だとzinio-Computer Musicで1号433円で買えます(2013/1/29時点)

z61ug.jpg

115ページで内容もしっかりしてそうです。
Loopだったり解説動画もあるようです。
これで433円はなかなかにお買い得(定期購読あるいはまとめ買いだともっと安いっぽい)

ざっと見たところ日本の雑誌だとまず見ないVSTやLoopのストアが目に入ってくるのはなかなか新鮮でした。
日本の雑誌だと代理店通してる製品を扱うことが多いからか、
扱う機材がどの雑誌、どの号よんでも毎回同じで面白くなかったのでこれは嬉しい。

上の写真だとNexus7つまるところAndroidで読んでますが、iOSはもちろんPCでも読めるので、
気になる方は気軽にポチってみると良いかもしれません。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。